2008年11月29日

ジャムのミナレットと考古遺跡群 (Minaret and Archaeological Remains of Jam)

更新が遅くなっていまいました。
年末は忙しいですね。
週末も忙しくなりそうです。
皆さんはゆっくり休んでくださいねわーい(嬉しい顔)

ジャームのミナレットはアフガニスタンのゴール州、ハリー・ルード川とその支流ジャーム川の合流点のほとりにあるミナレット(尖塔)。ゴール朝(グール朝)のスルターン、ギヤースッディーン・ムハンマド(在位1163年 - 1202年)が築いたとされる世界第2の高さを持つミナレットである。

このミナレットは八角形の土台の上に60mの高さを持ち、褐色の煉瓦と、青色のタイル装飾、ブハラで発展を遂げた幾何学模様、クーフィー体アラビア文字の刻印などを特徴とする。このミナレットはゴール朝の最盛期であり、滅亡寸前でもあった12世紀末頃に建てられており、ゴール朝における建築技術の最高峰とも言われる。

これは後に元ゴール朝の将軍でデリー・スルタン朝を開いたクトゥブッディーン・アイバクによって建設された世界最高の高さを持つミナレット、クトゥブ・ミーナール(インド)に影響を与えたと言われる。ちなみに、このミナレットの建設の目的は明らかではなく、「凱旋記念碑である」、「昔あったモスクの残骸」など様々な説が唱えられています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



【Google検索】
「ジャムのミナレット」
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rlz=1B3GGGL_jaJP240

【Googleマップ】

大きな地図で見る

【旅行距離】
前回からの移動距離:
1616.77 キロメートル
合計距離:
16367.068 キロメートル

-----------------------------------------------------------------








posted by コレチャ at 10:00| Comment(2) | アフガニスタン・イスラム共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知人の話、考古遺跡や世界遺産等を目の当たりにすると、人生観が変わるらしい。
Posted by 田舎人 at 2008年11月30日 09:43
そうなんですね。
実際に旅行には行けないので、
このバーチャル旅行で人生観を変えたいですね。
Posted by コレチャ at 2008年11月30日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。