2008年12月01日

メサ・ヴェルデ (Mesa Verde)

めっきり寒くなりましたね。
今日は「映画の日」
ってことで,映画館も安くなってると思いますので,
DVDやビデオじゃなくて,たまには大スクリーンで楽しまれるのもいいんじゃないでしょうか。

さて,世界遺産の旅の方は,
海を渡って,アメリカに上陸します。
アメリカはたくさんありますので,かなり長丁場になりそうです。
今日は,「メサ・ヴェルデ」を紹介します。


メサ・ヴェルデ国立公園 (Mesa Verde National Park) はコロラド州南西部に位置するプエブロインディアンのアナサジ族の残した断崖をくりぬいた一連の集落遺跡群で、現在国立公園になっている。また、世界遺産にも登録されている。スペイン語で、緑の台地という意味である、メサ・ヴェルデは81.4 mi2 (211 km2) の地域を占めている。この入口は Cortez の町の東約9マイル (15 km) に位置している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


【Google検索】
「メサ・ヴェルデ」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%A1%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

【Googleマップ】

大きな地図で見る

【旅行距離】
前回からの移動距離:
10053.3 キロメートル
合計距離:
26726.131 キロメートル

-----------------------------------------------------------------








posted by コレチャ at 18:01| Comment(0) | アメリカ合衆国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群 (Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley)

今回のバーミヤン渓谷のマップは見事。
小さい地図では茶色と白のだけですが、
拡大すると緑も入り混じり、紅葉を見ているようです。
寒くなってきましたね。
そろそろ雪の季節かな・・・


バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群(バーミヤンけいこくのぶんかてきけいかんとこだいいせきぐん)は、アフガニスタンの首都カブールの北西230kmの山岳地帯に位置するバーミヤン渓谷(バーミヤーン渓谷)に設定されたユネスコの世界遺産(文化遺産)。

バーミヤン渓谷は古代以来の都市であるバーミヤーン(バーミヤン)の町を中心とするヒンドゥークシュ山脈山中の渓谷地帯で、標高2500mほどの高地に位置する。

古代から存続する都市バーミヤーンの近郊には、1世紀からバクトリアによって石窟仏教寺院が開削され始めた。石窟の数は1000以上にものぼり、グレコ・バクトリア様式の流れを汲む仏教美術の優れた遺産である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


【Google検索】
「バーミヤン渓谷」
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SKPB_jaJP231JP233&q=%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%a4%e3%83%b3%e6%b8%93%e8%b0%b7

【Googleマップ】

大きな地図で見る

【旅行距離】
前回からの移動距離:
305.763 キロメートル
合計距離:
16672.831 キロメートル

-----------------------------------------------------------------








posted by コレチャ at 11:23| Comment(0) | アフガニスタン・イスラム共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。